2021年のトップ10テクノロジートレンド

Uncategorized

ガートナーやフォレスター、ベインやデロイトなどの調査会社が発行したレポートには、2021年に予測される多数のテクノロジートレンドがあります。

この記事では、レポート全体で共通するテクノロジートレンドのトップ10をまとめています。

第10位 ゼロトラストセキュリティ

セキュリティは常に企業にとって重要な重点分野であり、ゼロトラストの原則(決して信頼せず、常に検証する)への進歩は今後数年間のトレンドであり続けるでしょう。

今後企業の情報に様々なデバイスで触れていく中で、企業が競争力を高めるには、ユーザーやデバイスの場所にかかわらず、ゼロトラスト・アーキテクチャによってエンタープライズデータを保護すると同時に、アプリケーションをすばやくシームレスに動作させる必要があります。

第9位 リモートおよびデジタルワークスペーステクノロジー

ガートナーはこれを「エニウェアオペレーション」と定義しました。

これは、特にCOVID-19パンデミックのような時代に重要なトレンドでした。以下の分野に焦点を当てた技術が台頭します。

・コラボレーションと生産性
・安全なリモートアクセス
・クラウドとエッジのインフラストラクチャ
・デジタル体験の定量化

第8位 人間中心のデジタル体験

UI / UXテクノロジーと人間中心のエクスペリエンスデザインは引き続き重要な焦点領域になります。

デジタル体験を増強するための仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の使用は、新しいトレンドです。

ガートナーは、デジタルエクスペリエンスを次のように定義しています。

Total Experience (TX) = Multi Experience (MX) + Customer Experience (CX) + Employee Experience (EX) + User Experience (UX)

マルチエクスペリエンス開発プラットフォーム(MXDP)とローコード開発プラットフォームは今後も増え続け、さまざまなタッチポイント(タッチ、音声、ジェスチャーなど)でのデジタルジャーニーの一環として、ユーザーとの対話のためのアプリや製品を構築するのに役立ちます。

第7位 RPAとハイパーオートメーション

ハイパーオートメーションは、RPA、人工知能、機械学習、プロセスマイニングなどの高度なテクノロジーを適用して、従来の自動化機能よりもはるかに影響力のある方法でワーカーを強化し、プロセスを自動化します。

AI、ML、イベント駆動型アーキテクチャ、RPAなどのテクノロジーを使用したビジネスおよびITプロセスの自動化は、引き続き主要なトレンドです。

第6位 行動のインターネット(IoB)

IoBとは、モノのインターネット(IoT)デバイスからキャプチャされたデジタルデータを使用して人間の行動を変えるテクノロジーを指します。

たとえば、運転行動用のテレマティクスデータ、傾向分析用のソーシャルメディアデータ、セキュリティ用の顔認識データ、健康用のウェアラブルからのデータなどです。

データを活用して、人間の行動変容を促すことをIoBと言います。

第5位 インテリジェントなビジネスプロセスとベンダープラットフォーム

市場や環境の状況に応じて調整するための機敏な組織プロセス。

COVID-19のようなパンデミックにより、プロセスを柔軟にサポートするための戦略とテクノロジーを利用できるようにすることが不可欠になりました。

これには、より迅速な意思決定、変更をサポートするテクノロジープラットフォーム、ビジネス機能のコレクションを提供する柔軟性を提供するアプリケーションベンダーなどが含まれます。

カスタマーデータプラットフォームなどのプラットフォームは、引き続き企業の重点分野です。

第4位 5G

5Gは、通信の遅延時間を100分の1に短縮し、新しいソリューションを構築するためのテクノロジーを提供します。

より高いデータ、より多くの送信、より低い遅延でデータを共有すると、接続されたデバイスのエクスペリエンスが向上します。

第3位 サイバーセキュリティ

リモート操作が増加しているため、サイバーセキュリティは企業にとって最も重要です。

人や物(デバイス)のアイデンティティを保護するためのセキュリティ回復力の構築は、引き続き重要なトレンドです。

第2位 分散型クラウド

パブリッククラウドベンダーは、オンプレミスコンピューティングとエッジコンピューティングをサポートする必要性を認識していました。継続的な需要により、分散型クラウドの波が開かれました。

分散型クラウドの3つの主な特徴:

1.主にネットワークエッジ(IoTエッジ、5Gモバイルエッジクラウド、グローバルネットワークエッジクラウド)でサービスを実行します

2.クラウドサービスを顧客のデータセンター(オンプレミスのパブリッククラウド)に拡張する

3.運用とガバナンス(リモートデータセンターであっても)は引き続きクラウドプロバイダーの責任です

第1位 AIエンジニアリング

AIエンジニアリングは、テクノロジーによって生み出される継続的なビジネス価値の高まりとともに、リストのトップにあります。

組織は、DataOps、ModelOps(MLOps)、およびDevOpsを使用してAIを運用することで、AIの成熟度レベルを高めることに焦点を当てます。

エッジでのAIの使用が増加し、AIアルゴリズムを使用してネットワークのエッジ(データを収集するデバイスに近い)で実行できるようになります。

まとめ

これらのトップテクノロジートレンドはさらに進化し続けます。業界の洞察レポートを読み続け、ビジネス提案に従ってテクノロジー戦略またはロードマップを調整し続ける必要があります。

出典:https://vedcraft.com/tech-trends/top-ten-technology-trends-for-2021/

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ