DXを理解するために必要な “テクノロジー以外” の6つの柱とは?

Uncategorized

デジタルトランスフォーメーションが私たちの生活の一部になることは、もはや周知の事実です。それはすぐそこにあり、私たちが飛び込むのを待っているのです。

デジタルトランスフォーメーションとは、すべてテクノロジーのことと思われていて、本質的には答えはイエスだが、それだけが焦点ではありません。

実際、デジタルトランスフォーメーションを成功させるためには、テクノロジー以外の6つの柱に焦点を当てる必要があると私は考えています。

しかし、このような変化を可能にするための適切な組織を構築しなければ実現できません。

デジタルトランスフォーメーションの6つの柱とは、「経験」「人」「変化」「イノベーション」「リーダーシップ」「文化」です。それぞれの柱を見て、デジタルトランスフォーメーションのバックボーンを理解していきましょう。

1: 経験

経験と聞くと、最初に「カスタマー・エクスペリエンス」という言葉が頭に浮かんだかもしれませんが、それには十分な理由があります。

実際、今年初めにIBMが実施した調査では、20の業界にまたがる12,800人のCXOのうち68%が、将来的には自社製品よりもCXを重視すると予想していると答えています。

その理由は何でしょうか?

あなたのビジネスは、テクノロジーに投資する前に、カスタマージャーニー、行動、期待を理解しなければなりません。

新しいプロセスに合わせて顧客に変化を求めるのではなく、顧客の期待を投資の基礎とすべきです。

そのための唯一の方法は、まず顧客の体験に焦点を当てることです。これが、ディズニー、アップル、スターバックス、ナイキのような企業が、それぞれの業界で象徴的な存在となっている理由です。

彼らは経験でリードし、製品やサービスをはるかに超えた顧客との深いつながりを生み出しているのです。

従業員の体験も忘れてはいけません。従業員があなたの会社と接するすべての場面が重要です。

提供しているテクノロジーツールは従業員の仕事に役立っていますか?

企業文化は職場を効率的で生産的なものにしていますか?

この経験のポジティブさが、その従業員の生産性と効果をあなたのビジネスにもたらすか、または壊す可能性を秘めています。

2: 人

デジタルトランスフォーメーションの6つの柱の中で最も重要なのは「人」かもしれません。適切な人材がいなければ、あるいは従業員に焦点を当てなければ、組織は苦戦を強いられることになります。

リーダーは社員を第一に考えなければなりません。これはCX(顧客の体験)やEX(従業員の体験)にも言えることだが、人材の育成だけでなく、その経験を重視することが重要であるからです。

人材に投資し、彼らの成長にコミットし、彼らのアイデアを尊重する企業は、会社の壁の中ではるかに容易に実現できるチェンジマネジメントを可能にする忠誠心を構築します。

AI、VR、ARなどのテクノロジーが私たちのビジネスに浸透し始めると、私たちは自分が何者であるかを忘れることができなくなります。

重要なのは、これらのテクノロジーを活用して、社員や顧客、その他の人々に、より深いレベルでリーチする意味のある体験を創造することです – それでも、人間と人間はつながっています。

また、進歩が仕事の一部を奪っているとはいえ、人材が重要であることを忘れてはいけません。そして、デジタルトランスフォーメーションの取り組みを前進させるためには、従業員全員が同じページにいる必要があります。

3: 変化

私たちは変化なしではどんな種類の変革もできません。だからこそ、変化はデジタルトランスフォーメーションの6つの柱の1つであり、単なる包括的なテーマではないのです。

変化を実現するためには、人々が変化を支持しなければならなりません。変革を強要することはできないし、強要しても結果は短期的なものにしかならないのです。

変化は避けられないものであり、厳しいものであることを直に理解した上で、変革に臨まなければなりません。従業員に期待していることを伝えましょう。

変化を促すと同時に、押し返しにも対応できるような戦略を立てましょう。従業員がこの変化を受け入れ、成功するために必要なツールと環境を提供しましょう。これを効果的に行えば、デジタルトランスフォーメーションの6つの柱のうち、次の柱につながるでしょう。

4: イノベーション

イノベーションとは、突然の創造性の閃きで、ビジネスの顔を変えるようなものを生み出すことだと定義することができます。

これらの閃きは、より突然のものである場合もあれば、漸進的なものである場合もあります。これらのイノベーションのいくつかは、他の人が顧客満足度を向上させたり、市場での提供を差別化したりする小さくて意味のある違いを作る一方で、大規模で完全にビジネスモデルを破壊するものです。

イノベーションには、オープンなコミュニケーション、コラボレーション、創造する自由の空間が必要です。そして、イノベーションは常に一定であるべきであり、あなたのビジネスは常にその製品やサービスをさらに発展させるために働いています。

また、イノベーションは、困難な状況に陥ったときに問題解決のためのオープンな空間を可能にすることで、デジタルトランスフォーメーションを推進します。

5: リーダーシップ

リーダーシップには様々な形がありますが、組織を変えたいと思うのであれば、それはトップからのものでなければなりません。

何度も耳にしたことのある格言は本当で、手本を示してリードしなければなりません。昨年のフォーブスの記事では、テック系のイニシアチブの大半は、CEOが関与していない場合に失敗することがわかりました。しかし、CEOは関与するだけではなく、リードすべきでしょう。

リーダーは先を見越して、パイプラインの下に来るものに目を光らせておくべきです。テクノロジーの動きが速いので、待っている時間はありません。リーダーとして、流れに乗るのではなく、秩序をもたらすべきです。テクノロジーが完璧な計画のように聞こえるかもしれませんが、時間をかけてすべての選択肢を慎重に検討してください。他の人とは違うことを考え、社内の他の人たちにも同じことをするように指導しましょう。デジタルトランスフォーメーションの群衆に従うだけではなく、それをリードしましょう。

6: 文化

上記の5つの柱は、すべて1つのパッケージに包まれ、きれいなリボンで結ばれ、あなたの文化を形成することができます。私は、企業がデジタルトランスフォーメーションの旅をどこから始めるべきかという質問をよく受けます。多くの場合、「デジタルトランスフォーメーションの取り組みを加速させるために、どのようなテクノロジーに最初に投資すべきか」という質問です。私が「文化」から始めるべきだと答えると、驚かれることが多いのですが、そうではありません。デジタルトランスフォーメーションは、正しいビジネス文化なしには生き残れません。従業員と顧客の経験が最高のものとなり、人々が最も重要視され、変化が計画され、イノベーションが中心となるようなオープンな空間を作ることで、組織を自力で変革する文化へと導くことができるのです。

デジタルトランスフォーメーションの6つの柱は、成功のためのバックボーンです。 テクノロジーに加えて、これらの柱に焦点を当てることで、競合他社に先んじて失敗を回避することができます。まずは基礎を固めれば、すぐに業界のリーダーになることができます。

翻訳元:フォーブス「Understanding The Six Pillars Of Digital Transformation Beyond Tech

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ