2021年の国内市場でカギになる「DX」の主要10項目

DXコンサルタントの日淺です。
 
今回のテーマは、「国内市場で鍵となるDX」です。

調査会社のIDC Japanは、2021年の国内IT市場において鍵となる技術や市場トレンドなど主要10項目を発表しました。

同社によると、2020年の国内IT市場は新型コロナウィルスの感染拡大に大きく影響を受け、国内企業の業績悪化に伴うIT支出の減少の一方、国内企業のデジタル化、デジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させるという面も持っていた。その中でクラウド、モビリティ、AI/機械学習、セキュリティなどが大きな役割を果たしたとしています。

2021年はこれらの動きが定着するとともに、変化し続ける世界の中で企業が新たなビジネスモデルや競争の方法を模索する「ネクストノーマル」の時代に入っていくと考えられると指摘します。

IDCが発表した市場トレンド10選

① DXとFuture Enterprise
2021年の国内市場は、COVID-19を契機とした企業のDX支出は継続する。

② AIによる自動化
業務プロセスの自動化を牽引しAIが、業務の自動化に貢献する。

③ 次世代インフラ
次世代インフラの台頭は、新たな競争環境を生み出す。

④ クラウドセントリック
DXを推進し、社内体制を強化するために、クラウド中心のデータ連携が広がる。

⑤ セキュリティの進化
セキュリティの複雑化によって、統合されたエコシステムやプラットフォームフレームワークによるセキュリティソリューション導入が加速する。

⑥ 5G
5Gタブレットの登場、ローカル5Gへの取り組みの加速、5Gエリアの拡大によって、新しい産業アプリケーションの可能性が広がる。

⑦ ソフトウェア開発革新
クラウドネイティブとローコード/ノーコードの進展で、内製化を加速させることができる。

⑧ IT人材、IT組織
DXに向けた国内企業のIT人材やIT組織変革の流れが加速し、それに向けたITサプライヤーの支援サービスも強化される。

⑨ デジタルガバメント
国内のデジタルガバメントの進展によって、官民連携のデータ流通が加速し「Society5.0」の社会に近づく。

⑩ 非接触/非密集
非接触/非密集型ソリューションと、発生するリアルタイムデータ分析市場が成長する。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2021年の「DX」の技術は、私達の創造を超えて、進化していきます。本日紹介した10のトレンドについても、それぞれの企業で、どう活かしていくかは、人の力が必要になります。

来年度に向けた施策として、自社で活用できるサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ