DX成功のための12段階を解説!

Digital Transformation

デジタルトランスフォーメーションとは、テクノロジーを使って従来の問題を解決することです。正しく実行されれば、企業は顧客にこれまでにない価値を提供し、戦略や戦術を継続的に評価することが可能になり、営業からサービス、さらにはそれ以上に至るまで、ビジネスのあらゆる領域にデジタルテクノロジーが統合されます。

現在、企業内の多くの組織では、独自のデータや技術を持っていて、他の部門とは切り離されたサイロで仕事をしています。デジタルトランスフォーメーションは、これらのサイロを打破し、社内外を問わず、よりシームレスな体験を企業全体で実現します。

デジタルトランスフォーメーションには、始まりや終わりが決まっているわけではありません。むしろ、企業が顧客のために新しいデジタルソリューションを継続的に進化させ、採用していくための姿勢を言います。

テクノロジーと顧客の行動は数年ごとに変化しており、組織はその変化の先を行く必要があります。企業のあらゆる領域、特にIT部門とマーケティング部門は、重要な役割を担っています。

しかし、ほとんどの企業は、デジタルトランスフォーメーションの重要性を認識しているが、どこから手を付けてよいかわからない状態になっています。企業変革を行うという考えには抵抗があるかもしれません。

PWCの調査によると、企業の意思決定者の85%が、競合他社に後れを取る前にデジタルトランスフォーメーションを大幅に進展させるには、最低でも2年間かかると考えています。

デジタルトランスフォーメーションは、無理なことではありません。正しく実行すれば、それは組織のDNAの一部となり、既存の文化や経験に統合することができます。ここでは、デジタルトランスフォーメーションへの12のステップをご紹介します。

デジタルトランスフォーメーションの12ステップ

  1. 顧客に焦点を当てる(顧客中心主義)

    最初の取り組みは、企業を製品中心から顧客中心へと変化しなくてはなりません。デジタルトランスフォーメーションによりよい結果を得ている会社は、顧客を理解し、彼らの欲求とニーズを強く理解しています。
    顧客にとって何がベストなのかを理解することで、物事を見通し、次のステップに優先順位をつけることができます。
  2. 横断的な組織構造への変化

    デジタルトランスフォーメーションには、変化を受け入れる透明な文化が必要です。部署ごとに分断された内部のサイロを打ち破り、役員やリーダーが新しいデジタルビジョンに賛同してくれるようにしましょう。
  3. 管理体制の変革

    多くのデジタルトランスフォーメーションが失敗するのは、従業員は今までと同じ状態を維持するように設計されているため、潜在的なメリットがあるとわかっていても、変化に苦戦することが多いのです。
    従業員の理解を得るための組織や管理体制の変化が求められます。
  4. 変革的なリーダーシップ

    強力なリーダーは、変化の時代に従業員を安心させることができます。
    変革的なリーダーシップは人々を行動に移し、従業員一人ひとりに対して、ジブンゴト化をすることができます。
    つまり、すべてのエグゼクティブとリーダーは、デジタル変革を推進する上で重要な役割を果たしているということです。
  5. 技術的な決定

    効果的なデジタル変革の意思決定は、単独の組織のみで行うことはできません。企業内におけるほとんどの購入決定には、多くの社員が関与しており、そのうちの半数はIT部門に所属しています。
    各部門のリーダーは、さまざまな部門と会社の全体的な目標を達成するために協力する必要があります。
  6. データの統合戦略

    データに焦点を当てることで、デジタルソリューションを企業のあらゆる分野に統合することができます。
    企業が大きくなればなるほど、データへのアプローチは複雑になります。デジタルトランスフォーメーションを成功させるためには、合理化されたデータ戦略が必要である。
  7. 従業員のフィードバック

    デジタル転換は従業員の経験が、大きな役割を果たします。
    従業員のフィードバックを得、消費者の悩みを解決する方法を提供することは結果的に、従業員にすばらしい経験を提供することに繋がります。
  8. 物流およびサプライチェーンの変革

    デジタルトランスフォーメーションは、顧客が製品やサービスを手に入れるスピードと信頼性を向上させなければ効果的ではありません。
    ロジスティクスとサプライチェーンへのデジタルアプローチは効率を向上させます。
  9. データの安全性、プライバシー、倫理

    消費者の大多数は、自分のデータは流出の可能性があると考えています。
    デジタルトランスフォーメーションでプロセスやシステムを更新する際には、データセキュリティを最優先に考える必要があります。
  10. 製品、サービス、プロセスの進化

    デジタルトランスフォーメーションでは、製品やサービスの提供、さらには製品やサービスそのものについての考え方を変える必要があります。
    現代の製品はよりスマートになり、革新的な方法で提供されるようになりました。
  11. デジタル化

    ビジネスのデジタル化とは、デジタルと顧客や職場環境のシームレスな統合を実現することを意味します。ウォルマートのような店舗は、デジタルと小売の境界線を曖昧にして大成功を収めています。
    また、実店舗を持たない企業でも顧客分析や従業員のリモートワーク化など、様々な面でデジタルを活用することで、良い変化が生まれます。
  12. パーソナライゼーション

    消費者はパーソナライズされたサービスを期待しています。
    デジタルソリューションを活用して、顧客を理解し、顧客に合った提案や体験を提供しましょう。

デジタルトランスフォーメーションを行うことは、継続的なプロセスであり、困難な場合もあります。しかし、顧客に焦点を当て、上記のステップを踏むだけで、大きな前進を遂げることができます。

関連記事

この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

アーカイブ